自毛植毛クリニック


・『髪のかかりつけ医』としての役割を目指す。

・「薄毛・抜け毛」を脱毛症治療の視点で医学的にアプローチ

ウェルネスクリニックの特徴

全て手作業で行っている分、デザインに関しては強みを持っているようです。その分、医師やスタッフとデザインなどの考えをきちんと共有させておく必要があります。また、手術は機械での作業ではないため、機械よりは時間を要します。

そのため、来院サポートサービスとして、クリニックの近くで利用しやすい指定ホテル1泊分の宿泊費を負担してくれたり、500グラフト以上の自毛植毛を受ける方には、上限額内での実費交通費を負担してくれるなどのサービスもあります。また、空間デザインにも力を入れているようで、高級感溢れるキレイなクリニックになっています。

手術の種類

ウェルネスクリニックでは、ボズレー式植毛を採用しています。ボズレー式植毛の最大の特徴は、「マイクログラフト」と「バリクラフト」を併用する点です。

毛髪1~2本を1株とする「マイクログラフト」と、大きさや太さの異なる数種類の毛髪を組み合わせる「バリグラフト」によって、自然なグラデーションが実現できるのだそう。

手術の流れは、まずは後頭部から、ストリップ(切除片)を採取してその部分を縫合。その後、スタッフが、顕微鏡下でストリップからグラフト(移植片)に分ける作業を行います。グラフトづくりと並行して、術後の仕上がりをイメージして、植毛する部分に切れ込みをいれ、その部分にグラフトを植え込んでいくという手順です。

全て手作業で行うため、どうしても時間がかかるのは否めません。ただし、ボズレー式の認定医になるには、様々なカリキュラムを受けないと認定医の資格を取ることができないため、術式を学ぶのにはかなりの時間をかけているようです。

FUT法

口コミ

手作業での手術とのことで、時間がかかるのは分かっていましたけど、思ったより長かったです・・・。ただ、丁寧に植毛してくださったおかげで仕上がりはバッチリです!誰にもバレないと思います。
HPではボズレー式という手術がどういうものなのか分からず、実際に話を聞くまで正直不安でした。カウンセリングで細かく説明してもらってデザインも希望通りになりそうだったので、貴クリニックにしました。
カウンセリングや手術、スタッフさんの対応については言うことなしなんですが。問題はやはり値段ですね。もう少し安いとさらに最高だと思います。
手作業なので、デザインの要望をあれこれ相談できるところが良かったです。 しっかりと希望を伝えることができたので、仕上がりもいいです。

料金

グラフトの数をベースに料金を算出しています。
※1グラフトに生える平均的な髪の本数は、約2本が目安です。
・600グラフトで604,800円
・800グラフトで789,600円
・900グラフトで878,850円
また、予算が治療範囲に満たない場合は、徐々にグラデーションをかけていくように、予算に合わせながら、グラフト数を増やしていく方法もあるようです。

基本情報

■東京八重洲院
東京都中央区八重洲1-4-18八重洲ヒロセビル2階
診療時間:月・金曜 10:00~19:00
水・木曜: 10:00~21:00
土日祝:10:00~18:00
休診日:毎週火曜

■大阪梅田院
大阪府大阪市北区曽根崎2-15-29 ADビル梅田9階
診療時間:10:00~18:00