植毛のコラム

ダメージを受けた頭皮への植毛

頭部を強くたたくマッサージ法というのがはやりました。

しかしながら、そのマッサージで頭皮にダメージを与えてしまい薄毛が激しく進行したという方がいらっしゃいます。
時間がたてば髪が生えてくるだろうと思っていたところ、1年以上たった今も髪は生えてきていないそうです。

頭部を強くたたくことにより、どのような影響があるのでしょうか?
おそらく、頭皮の組織内に繰り返し炎症反応が起こり、毛根組織にも繰り返しダメージが加わった可能性が考えられます。

炎症反応が治る際に、軽度の繊維性の変化が残る場合もあるでしょうが、そのような組織に自毛植毛をしても、髪はちゃんと生えてきます。

やけどの跡の硬い繊維性の瘢痕組織や、人工毛植毛後の感染による炎症性の瘢痕組織などによる、脱毛領域のある症例でも多数の自毛植毛治療を行い、正常の組織とほぼ同じように良好な定着率で実績を出しているクリニックもあります。

頭皮には、やけどの跡ほどひどい瘢痕性組織はないようですから、正常の頭皮と変わらない、良好な定着率が期待できるだろうと思います。

一般的には、瘢痕性脱毛症に対する自毛植毛では、移植毛の定着率が低下するといわれていますが、クリニックによっては、良好な定着率の結果が得られているところもあります。

カウンセリングの際に傷跡・瘢痕性脱毛への植毛を行っているか確認しましょう。