植毛手術の種類

FUT法

FUTとは、フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーションの略で世界的に現代の植毛のスタンダードとなっています。

植毛の歴史が「パンチ・グラフト植毛」→「ミニ・グラフト植毛」→「マイクログラフト植毛」と進化してきましたが、 これらの手法は、グラフト分けの単位が「毛髪(本数)」なのに対して、 FUTは「毛包」単位となっています。

毛包単位で切り分けられたグラフトは定着率・発毛率が高いという特長があります。

FUTでグラフト採取する際に使用されるメスはマルチブレードを使用せず、 毛根を傷つけにくいシングルブレード(一枚刃)が使用されています。

株分けでは、一つのFU株はが1mmと小さいため、最新の実体顕微鏡(マンティス)下で作業をおこないます。

また、FUTはスリット式植毛法の一種で、髪の毛を植え込む場所に、メスで切れ目(スリット)をつくり、ピンセットで一株ずつ植えていきます。

それと対比される方法は専用の植毛針で1本1本植えつけていくニードル式です。

FUTの仕上がりはとても自然で、手術で人工的に作った生え際とは思えない、きれいでナチュラルな仕上がりになります。

しかしながら、作業が細かいため、複数の熟練した医師やスタッフが必要となり、他の手法よりも手術時間が長くなります。


(対応クリニック)

紀尾井町クリニック

ヨコ美クリニック

ウェルネスクリニック