植毛の知識

手術で使用する器具と麻酔

手術で使用する医療器具は、初めに化学溶液に入れて99.9%の細菌を死滅させ、次に高温高圧の滅菌器で、完全に感染要因の細菌を末梢させる二重滅菌をするか、又は一回限りの使い捨てにしますので、不安はありません。
それでも、手術が開始されれば、緊張感はあると思います。
万が一の事態が起きないよう、患者さんのささいな変化を見逃さないために、心電図や血圧計で状態を監視し、医師が緊急対応できるように準備しています。
それでもまだ、緊張感が強い場合は、軽い精神安定剤を服用することで落ち着きます。


手術で使用する局所麻酔はリドカインと言って、多くの外科手術で使用され、安全性は証明されています。
痛みを感じるのは、最初の静脈注射の時だけで、麻酔によって全身の感覚が鈍くなり、その間に頭部のあちこちに局所麻酔をして行きます。
静脈注射の効果が切れた後は、意識ははっきりし、痛みは感じなくなります。

多くの自毛植毛クリニックでは、手術室に専用チェアがあり、リクライニング式で、手術中にビデオが見られるように、目の前にテレビが置かれていたりします。 手術中もリラックスして過ごせるように、ビデオ鑑賞も可能です。