植毛の知識

自毛植毛のメリット

自毛植毛は、移植先の薄毛部分からは半永久的に毛髪が生えてくるという大きなメリットがあります。高度な医療技術が必要になってくるため、一般の方には分かりにくい部分やプロセスがあることも事実です。ですので、自毛植毛を受ける際には、ほとんどのクリニックで医師と患者による綿密な話し合い(カウンセリング)を行います。

永久的にはえつづけます

薄毛で悩んでいる人にとって一番いい解決は、再び「自分の毛」がどんどん成長していくようになることです。自毛植毛で使用するのは遺伝子的に見て抜け落ちない部分、つまり後頭部や側頭部の髪だから、「一生、生え続ける」し、再び薄毛になる可能性はほとんどありません。「薄毛の不安」は根本的に解決されます。そして移植された自毛は、自然の毛と同じサイクルで活動するようになり、その後は一生え続けます。

ランニング費用がかかりません

最も気になるのはランニング費用です。「薄毛の悩み」に応える様々な方法も、思いのほかランニング費用がかかるものが多いのです。その点、自毛植毛の場合だと植毛後は「自分の自然な毛」と同様の状態になります。植毛の施術の後に、あれこれ費用がかかることは基本的にありません。だから、カツラや人工毛植毛などを選択した場合に必要になる高額なランニング費用は不要です。

自分の毛髪なので安全です

植毛には、人工毛植毛と自毛植毛があります。人工毛植毛は異物を頭皮に植え付けるので、少なからず異物反応から来るトラブルが予想されます。その点、自毛植毛は「自分の毛・皮膚」を移植するわけですから、異物反応の心配の必要がないのです。しかも世界トップレベルの技術を持つクリニックの技術で行われる施術は患者の負担を極力少なくしてくれます。植毛後は、自分の毛・自分の皮膚として、自然体で扱っていくことができます。

自然な仕上がりになります

自分の髪が自然に伸びるようになる自毛植毛も、パンチ式植毛が主流だった時期には、多少不自然なヘアスタイルになってしまうことがありました。最新の自然毛植毛である単一性植毛であれば、高度な技術で1本1本丁寧に毛髪を移植していきます。この繊細な作業で移植された毛髪は、「自然の髪」というにふさわしい仕上がりになりますから、定着した後は患者さんが希望するヘアスタイルを楽しむことができるようになります。