植毛の知識

手術の危険性や失敗

自毛移植術は自分の毛髪と言っても、移植手術なので、危険性を心配する方がやはりいらっしゃいます。

外科的治療の範囲ではありますが、小規模な皮膚手術で、安全性が高い手術です。
さらにより安全に手術を行えるように、手術中の万一の場合に備えて、血圧や脈拍、血中酸素濃度、心拍数、呼吸状態などを最新の監視機器でモニタリングを継続します。

手術を始める際に局部麻酔をかけますので、手術中に痛みを感じることは殆んどありません。

また、自毛移植術による二次感染の心配をされる方がいらっしゃいます。
一般的に手術に使用する医療器具は、ほとんどが使い捨てを使用しており、そうでない場合は、必ず二重滅菌してから使用していますので、医療器具を通じて感染することは、ありえないでしょう。

二次感染の心配は、むしろ、人工植毛の場合に起こり得ます。
頭皮に直接、毛髪を植え付ける技術で、増やしたい部分に増やしたいだけ植毛出来るメリットがありますが、植毛した傷口から二次感染を起こしたり、植毛した部分に皮脂がたまりやすいので、定期的なケアも必要になります。