植毛の知識

術後の対応

植毛手術が終わると、後頭部の採取部分を止血するため、鉢巻上に包帯を巻いて軽い圧迫を与えます。

包帯はまる一日、24時間外さず、植毛した部分は特に保護をせず、外気に当てます。
後頭部の採取部分は、就寝時に枕に当たると多少痛むことがあるので、タオルを当てるなどして痛みを和らげます。

植毛部分が痛みを感じることはありません。
24時間経過したら、包帯を外し、柔らかいブラシに石鹸水を付けて採取部分を洗い、軟膏を綿棒で塗布しておきます。
植毛部分は、石鹸水を脱脂綿に含ませ、軽く叩くようにして洗います。


この術後の処置を1週間続ければ、後はシャワーを普通に浴びることが出来ます。
この間、仮に出血した場合は、清潔なティッシュやタオルを当て、約10分圧迫して止血して下さい。


術後2~3日で移植したグラフトの表面が黄色から褐色の瘡ぶたのようなもので覆われますが、10日もすれば自然に取れます。

グラフトは、定着するのに1~2週間要しますので、術後1週間は爪でひっかいたり、強く引っ張ったりしないように、術後2週間までは、テニスやラグビーなど激しい運動は避けるようにして下さい。


2週間後には抜糸できますが、パーマや毛染めは、術後1ヶ月は控えた方が無難です。